低ナトリウム血症

そこで、それが基本的に独立した病気として発生して
異なる病気または部分的な徴候の合併症として発達するためにでなくあります。

多くの肺疾患があります(肺は特に小さな細胞ガンを癌のようにむしばみます)
そして、また、中心神経病(一般的に髄膜炎)は、ADHの不適当な分泌の
原因のために、そこ以外のADHを引き起こす腫瘍(薬関連のもの)の
ためのものです。
薬において、感度を腎臓のADHと交換します。
そして、その結果、SIADHの徴候を引き起こしているものがあります。

尿量に関しては、尿(乏尿)のボリュームの減少は、増加するために
循環血液量の増加で顕著でありません。
あるいは、それが基礎疾患を伴う浮腫のためも、SIADHによる浮腫としての
浮腫になると通常認められません。

低ナトリウム血症が重くなるならば、意識または痙攣の妨害の
ような神経症状は発現します。
優秀性の目的で行われる血液検査によって低ナトリウム血症が偶然に
発見されるので、SIADHはしばしば本当に診断されます。
血清ナトリウム濃度の血表示プラズマ浸透圧(低下)(低ナトリウム血症)の
1滴は、見られます。それはめったに、本当にADHの測定を実行するのに
必要でなくて、測定するときしばしば必ずしも高値であるというわけではありません。
慢性一次性副腎皮質機能低下症抗利尿ホルモン不適合分泌症候群